急上昇中のICO!ブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の最新情報を調査!|初心者のための仮想通貨通信

急上昇中のICOブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の最新情報を調査!|初心者のための仮想通貨通信

今回は、急上昇中のICOブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の最新情報を調査したので紹介していきます。

 

 

f:id:criptsan:20181219133527j:plain

急上昇中のICOブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」とは?

Disciplina(ディサプリナ)は、教育とリクルート業界のプロジェクトのために開発された多機能型ブロックチェーンです。

作業の透明性を実現し、システム参加者が追加した情報の機密性と信頼性を維持する環境を作りだします。

Disciplina(ディサプリナ)は、作業にその他のブロックチェーンを使用しておらず、教育・リクルーティング業界からの要望を受けて開発され、教育・リクルート業界の特殊性に配慮して設計されています。

Disciplina(ディサプリナ)のプロジェクトは、教育とリクルート業界において変革をもたらすと共に、ブロックチェーン技術の効果的な用途を提供することを目的としており、TeachMePleaseチームとCardano(ADAコイン)の元デベロッパーらが、開発しています。

「Disciplina(ディサプリナ)」の公式HPはこちら

DISCIPLINA 学歴・職歴・資格を検証した個人プロフィールを作成する、全く新しいブロックチェーン

「Disciplina(ディサプリナ)」のホワイトペーパーはこちら

https://disciplina.io/WhitePaper_jp.pdf

詳細はこちら

quanta-news.hatenablog.com

 

急上昇中のICOブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の最新情報を調査!

「Disciplina(ディサプリナ)」の最新情報を調査したところ、まだありませんでしたので今回は、「Disciplina(ディサプリナ)」の開発理由とセキュリティについてご紹介していきます。

f:id:criptsan:20181219133333j:plain

「Disciplina(ディサプリナ)」の開発理由


Disciplina(ディサプリナ)は、個人データを始め、学生の成績やテスト結果等の機密情報を保管しますが、個人データなどは、秘密が守られると同時に透明性も必要ですね。

このプロジェクトのアイディアを実施するにあたり、既存のソリューションでは使用できるものがなかったため、独自のブロックチェーンアーキテクチャを開発したそうです。

Disciplina(ディサプリナ)は、プライベート型かつパブリック型のブロックチェーンで、プライベートな個別のユーザデータと、著作権や商業上の機密保持により守られるマテリアルを使用するためこの形を取っています。

プライベートエレメントでは、記録の一部分にしかアクセスを許可しませんが、パブリックエレメントでは、プライベートチェーンの完全性とネットワークに保管されたデータの信頼性を検証するデータにアクセスできるようにします。

 

「Disciplina(ディサプリナ)」のセキュリティ

 

 

  • 個人データのプライバシー

学生は、自身の個人情報の一部または全部について、アクセスを拒否することが可能です。ユーザーの個人情報は教育機関のプライベートチェーンに保管され、ネットワークの公開部分には、同データのハッシュのみが格納される仕組みです。従って、個人情報は安全かつ厳重に保管されます。

 

  • データセキュリティ

DISCIPLINAアーキテクチャにおいては、学生の成績に関するデータを教育機関のプライベートチェーンに保管します。これにより、その教育機関がネットワークの使用を中止したり、機器が故障した場合にデータが使用できなくなるという問題が発生する可能性があります。

DISCIPLINAは、すべてのデータのコピーを学生の個人プロフィールにも保存することによってこの問題を解決します。パブリックチェーン上の古い記録にアクセスしてハッシュをチェックすることにより、データの真正性を容易に証明することが可能です。

 

パブリックチェーンでの取引の有効性を確認するために、いわゆる「立会人」が、高速かつ低価格のトランザクションを実現するProof-of-Stake技術に基づくコンセンサスアルゴリズムを使用します。

PoSアルゴリズムの実装に関するレポートは、プロジェクトの技術文書にその詳細につい て記載されており、他の仮想通貨と同様に、立会人には各ブロックの生成に対して、それに発生したトランザクション手数料が報酬として与えられます。立会人がブロックリーダーになる確率は、当該立会人のアカウントのトークン数に比例します。

 

急上昇中のICOブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」まとめ

f:id:criptsan:20181219150644j:plain

今回は、急上昇中のICOブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の最新情報を調査したので紹介していきました。

Disciplina(ディサプリナ)は、秘密が守られると同時に透明性も必要で既存のソリューションでは使用できるものがなかったため、独自のブロックチェーンアーキテクチャを開発したそうです。

また、個人データのプライバシー、データセキュリティ、PoSコンセンサスのアルゴリズムとセキュリティの面でも安心ですね。

急上昇中のICOブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の情報を今後もチェックしておきましょう!