Quanta(クオンタ)にも導入されているブロックチェーンとは?

Quanta(クオンタ)にも導入されているブロックチェーンとは?

f:id:criptsan:20180101161411j:plain

「暗号通貨」が通貨として機能し、サービスが成り立つ上で非常に重要な技術と言われているのが「ブロックチェーン」です。

ではブロックチェーンとはどのようなものなのでしょうか?

ブロックチェーン」とは、中核となる「取引データ」技術のことを指します。

取引のデータ(履歴)を「トランザクション」と呼び、それを複数まとめたものを「ブロック」と言います。このブロックが連なるように保存された状態が「ブロックチェーン」です。

ブロックチェーン分散して管理されるのが特徴で、ビットコインを利用しているあらゆるユーザーのコンピューターに保存されます。銀行のような特定の管理機関がないため、権限が一箇所に集中することはありません。そのためシステム障害に強く、かつ低コストで金融サービスが運用できると期待されています。

 

ブロックチェーンは「分散」しており、 ユーザー同士が管理しています。この形式を「P2P(ピアツーピア)方式」といい、「分散型取引台帳」とも呼ばれています。 金融機関を介さず、 ユーザー同士でシステムを管理しあう構造になっています。

ブロックチェーンは、複数のコンピューターで分散して管理されているため、ビットコインの取引ごとのリアルタイム更新には対応できません。 なので、10分単位でまとめて承認作業が行われるという特徴があります。

つまり10分毎に最新のデータが上書きされることになります。