日本の政治家『松田学 (松田まなぶ)』さんについて詳しく解説!|初心者のための仮想通貨通信

日本の政治家『松田学 (松田まなぶ)』さんについて詳しく解説!|初心者のための仮想通貨通信


本日は「松田学(松田まなぶ)」さんという、ICO「Jupiter COIN」のプロジェクトリーダーを努める人物をご紹介したいと思います。

 

 

f:id:criptsan:20180506160159j:plain


日本の政治家『松田学 (松田まなぶ)』さんとは?

  

松田学(松田まなぶ)さんは元日本維新の会、次世代の党所属の前衆議院議員という、政治に関して大きな経歴を持っている方です。


現在は自民党に所属し、また東京大学大学院客員教授でもあります。
そしてJupiter COIN(ジュピターコイン)の開発プロジェクトのリーダーを務めています。

 

 

日本の政治家『松田学 (松田まなぶ)』さんはどんな活動をした人?

 

ではそんな松田学さんが何故仮想通貨プロジェクトを立ち上げたのか、それを始めとした彼のこれまでの経歴をまとめてみました。

 

質の高い本格的で層の厚い政策論のマーケットを創る活動で、言論NPOは、2001年秋に各界を超えた知恵のコラボレーションを進めるネットワーク型のメディア・シンクタンクとして、同世代の有志とともに設立した認定非営利活動法人です。
以後、このNPOの理事として、しっかりとした議論で有権者の立場に立った民主主義のインフラをつくる活動を続けてきそうです。

その主な活動内容は、政権評価・マニフェスト評価、日本の将来像と選択肢形成の議論づくり、国境を超えた議論の舞台運営、市民社会型の議論のプラットフォーム形成などです。

 

  • 医療システム改革の議論創り

学教授への出向時より、日本の医療界とのネットワークを拡大、医療システム改革の議論に参画していたそうです。

社会システムデザイン研究所など様々な場で、医療の分野を中心に、日本の全体システム再設計について議論形成や提言・発信されていたようです。

 

大樹総研にて、政府や国会議員、自治体等、広く政策当事者に対して政策提言を行う活動に参画、経済政策、地方自治、財政金融、国際政策、行政論など、各種政策分野に関する研究レポートを定期的に策定し配布しており、国家基本問題研究所(櫻井よしこ理事長)にて、企画委員会に参画し、外交・安全保障をはじめ日本の時事問題につき政策提言活動を行った。

 

  • 各政策分野における議論活動

言論NPOの「政権評価、マニフェスト評価」活動に加え、その蓄積も活かしつつ、経済や外交だけでなく、財政、金融、国際経済、医療問題、行政論など各政策分野について、自ら議論を提起、様々な政策論の場に参画・発信し、たちあがれ日本では、党の政策立案を、国家基本問題研究所では櫻井よしこ理事長とともに日本の将来像を巡る議論などを担うなど、保守の立場から政策論を形成、発信しました。
日常的に講演活動を行い、横浜、大阪等で自らの政策論を論じることを中心に定期的な勉強会を主催しており、メディアにおいても、テレビ、オピニョン誌、インターネット論壇を中心に政策論の啓発活動を展開しています。
経済、財政、社会保障などを含めた日本の将来設計を中心とする講演活動、執筆活動に加え、TVでは、知の共有の観点から、テレビ神奈川で「松田まなぶのカナガワ未来レポート」を2011年~14年にわたり継続。また、チャンネル桜ではビデオレターを連載中、経済討論のパネラー出演等。

 

  • アカデミズムの分野での活動

東京医科歯科大学教授として経済学、歴史学、社会システム設計論を講じ、当時から、他の大学院客員教授として「アジア政策論」を講義を行っています。
他方で、中国の大学等でもアジアにおける日本の将来像や日本のアジア戦略などについて講義を行うなど、日中間の議論交流にも携わっており、2009年7月には、学界と政策当事者、実務家などが知恵のコラボレーションを進める場として「政策科学学会」を各界の有志とともに創設、同学会副会長に就任しました。

 

地方の某地域エリアに対して農業シニアリビングタウン構想(水耕栽培の農業工場等で都市近郊にシニア世代の活動や生活の場を生み出す構想)を提唱し、その実現に向けて官、民のコラボレーションの場をリード。
東京近郊某都市における健康都市プランの策定に参画し、横浜市を中心に地域再生の議論づくりを開始しました。
これらは、先の医療システム改革などと併せ、「活力ある超高齢社会の運営モデル」構築に向けたチャレンジの実践です。

 

 

 

f:id:criptsan:20180604110831j:plain

 

日本の政治家『松田学 (松田まなぶ)』さんの経歴は?


お次は松田学さんのご経歴を年表式にご紹介します。

 

  • 2012年12月

衆議院議員に当選(比例南関東日本維新の会)、日本維新の会国会議員団副幹事長、同党・神奈川県総支部代表など。

 

  • 2014年8月

次世代の党を結党。次世代の党・政調会長代理、同党・税制調査会長、同党・神奈川県連会長など。

衆議院では、内閣委員会理事、財務金融委員、国土交通委員、消費者特委オブザーバー等を歴任。
私、松田学は、東京大学経済学部を卒業後、大蔵省(現財務省)に入省し、在官中も、ドイツ、淡路島、大阪、成田、横浜などでの勤務や、内閣官房国土交通省など他省庁への出向に加え、東京医科歯科大学教授、(独)郵貯・簡保管理機構の理事、預金保険機構の金融再生部長など、本省以外にも幅広い経験をさせていただきました。

 


日本の政治家『松田学 (松田まなぶ)』さんのインタビュー記事

 

以前紹介した、松田学さんのインタビュー記事について、下記の記事を見ていただければどんな方か?どんなプロジェクトなのかが分かっていただけると思いますので、気になった方はチェックしてみてください。

quanta-news.hatenablog.com

 

 日本の政治家『松田学 (松田まなぶ)』さん紹介まとめ

f:id:criptsan:20180604110854j:plain


本日ご紹介したように、松田学さんは政治界に医療、ビジネス業界と、通常なら1つやり遂げるのでも大幅に人生を費やしそうな業種をいくつも股にかけ活動されてきました。

これだけでもすごい人物である事が伝わったのではないかと思います。


さらに東京大学大学院の客員教授も行われているので驚愕です。

Jupiter COINは、そんな松田学さんが多くの業界を第一線で渡り歩いた末に導き出した1つのプロジェクトとも捉えられますね。


松田学さんには今後の活躍も期待してしまいますね!